粉吹き肌コンプレックス

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

秋や冬などの寒い季節になるとコンプレックスとして気になるのが、顔の粉吹き肌です。
毎日のお手入れできちんとケアをしているつもりでも、顔が粉を吹いてしまいがちです。
そもそも粉吹き肌というのは、肌が白っぽく粉をふいてしまった状態のことです。
粉ふき肌の症状やひどくなると、肌の皮がひび割れ、めくれ上がってしまうこともあります。
そうすると、肌荒れを引き起こしてしまいます。

粉吹き肌の一番の原因は、乾燥によるものです。
通常の季節では、肌の角質層がバリアの役割を果たしてくれて、肌の潤いを保ってくれます。
しかし、寒い季節の場合、外部からの乾燥で正常な角質層を保てなくなってしまいます。
その結果、肌が弱まることで、
外部からの刺激に脆くなって粉吹き肌となってしまうのです。

上記のようなコンプレックスを解消するには、普段のお手入れでしっかり保湿する事が大事です。
具体的なやり方は、まずは洗顔後にスチーマーで肌を温めて毛穴を開くようにします。
そもそも洗顔後の肌は冷えてこわばっているので、温めることで化粧水の保湿成分が吸収されやすくなります。
化粧水はとろみのある保湿タイプのものを使うと、さらに肌のカサつきは緩和されます。
化粧水でお手入れする時は、手ではなくコットンで肌の細かいところまで浸透させていくと効果的です。
そして、化粧水の後は乳液やクリームで水分の蒸散を防ぎます。
この時、手で温めてからつけると浸透力が高まります。
上記の方法を参考に、コンプレックスを解消しましょう。

粉吹き肌に効く伝統の美容法

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

肌の表面が白く粉をふいたようにカサカサする症状のことを、その見た目から粉吹き肌と呼びます。
この症状は肌の水分が失われることによりキメが粗くなった状態で、主に顔の頬や肘・膝などによく見られます。
乾燥しがちな冬場に症状が悪化しやすくなりますので、このシーズンには対策をする必要があります。

粉吹き肌に効果のある、昔ながらの伝統的な美容法として、馬油があります。
大昔に中国大陸から渡ってきた油で、保湿効果の他に、シミやソバカスにも有効だと伝えられています。
日本においてはその昔、傷や火傷の治療にも利用されており、
高い皮膚再生力を備えた油であることが分かります。

現在販売されている馬油では、ソンバーユが最も有名です。
お年寄りが若いころから親しんできた伝統的な美容法として、このソンバーユを用いた話がよく聞かれます。
粉吹き肌の症状がある部位にべたべたになるくらい塗り込むようにします。
べたつきが気になるなら、手袋や靴下などをつけるとよいでしょう。

少し変わった伝統を活用した美容法として、
京都の丹後地方の伝統である丹後ちりめんという
絹織物から取り出した成分を使用した、スキンケア化粧品も販売されています。
絹に含まれる天然のたんぱく成分の力で、高い保湿効果や皮膚のバリア機能を維持します。
化学薬品を使用していないため、敏感な粉吹き肌の人はもちろん、アトピー肌の人にも使える化粧品です。

これら伝統のある商品を使った美容法で、粉吹き肌を解消してみてはいかがでしょうか。

粉吹き肌に大敵!エアコン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

女性は、身だしなみとしても毎日スキンケアを行いますが、
女性のお肌は加齢や生活習慣など様々な要因によって揺らぎやすく、
肌トラブルを抱えてしまうことも多いものです。
巷には数えきれないほどのスキンケア化粧品が次々と登場しており、
より美しい素肌になろうと、肌悩みに応じてスキンケアコスメを
使い分けている美意識の高い女性も少なくはありません。

さて美しさの基本は、年齢に関係なく、
毛穴の目立たない白い陶器のようななめらかな素肌に限りますが、
そのような美肌に取って何が重要かといえば、それはズバリ保湿です。
お肌に現われる様々なトラブルは、
お肌の水分不足が引き金となって生じてしまっていることも多く、
お肌の水分バランスを整えておくことは最も大切なケアです。

美肌になるため保湿ケアは毎日行う事が重要ですが、
美意識の高い女性は、脱毛「錦糸町」のようなサロンに通っている女性が多いです。
どのサロンも施術後のスキンケアがしっかりしておりますので、
より美しい美肌を手に入れることが可能です。

粉吹き肌に大敵であるエアコンの風は、
お肌の水分をどんどんと奪い、バリア機能を失ったお肌は、
外部からの様々な刺激を跳ね返すことができません。
そうなると真皮層にまでダメージが及ぼされるため、肌表面には様々なトラブルが現れ始めます。

屋外の強い紫外線も乾燥の引き金にはなりますが、屋内のエアコンの風も美肌には大敵です。
粉吹き肌となってしまっている状態は、乾燥がひどく進みメイクも綺麗にのりません。
エアコンの風に直接触れないようにすることも重要ですが、
粉吹き肌には保湿成分がたっぷりと配合されたスキンケアコスメを選び、
お肌に水分を蓄えてあげることが大切です。

eakon.jpg


美肌の大敵は乾燥、このポイントさえ押さえていればいくつになってもハリのある若々しい素肌が維持できます。

粉吹き肌になりやすい季節

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

冬は空気が乾燥して、肌から水分が蒸発して粉吹き肌になりやすい季節です。
他の季節は問題なかった人も、保湿をしっかりしないと
肌がカサカサに剥けたような粉吹き肌になります。

肌が乾燥すると様々なことに支障が出る様になります。
例えば、脱毛中であればあまりひどい乾燥の場合、
ミュゼも授乳中はNG!のように、肌の乾燥でも施術を受けられなくなるかもしれません。

顔の場合は洗顔後、化粧水をつけたらすぐに油分が多く含まれるクリームや美容液を
掌で顔を包みこむようにつけましょう。
油分で蓋がされ水分が蒸発しにくくなり、潤いが閉じ込められます。

足や腕など体の場合は、風呂上りにベビーオイルやローションを少しからだに
水分が残っている状態で伸ばすとベタベタすることなく、
下着など身につけることができます。

それでも粉吹き肌になりやすいという方は、食生活を見直してみましょう。
肌の表面は角質でできています。
この角質の間がスカスカになると肌の水分が蒸発し、粉吹き肌になりやすい乾燥肌になります。
この角質間を埋めている物質を作り出すことで、肌に潤いを閉じ込めることができます。乾燥肌に良いとされている食べ物には、
コレステロール、亜鉛、たんぱく質を多く含む卵や
肌をバリアする物質で欠かせないセラミドを多く含むこんにゃくいもなどがあります。

これらの食物の成分を効率よく吸収するには、
α-リノレン酸を多く含むオリーブオイルや魚と一緒に摂ることをおすすめします。
また、ビタミンCを多く含む果物も意識して摂るようにすると
タンパク質とともに肌のターンオーバーを正常に保ち、
寒さで血行が悪くなる季節も肌の状態を良くしてくれます。

fruits.jpg

正しいスキンケアと食生活で、粉吹き肌になりやすい季節も潤った肌で過ごしましょう。

粉吹き肌と対照のオイリー肌

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

肌がカサカサになる粉吹き肌と肌がテカテカになるオイリー肌は
見た目には対照的に見えますが、実際にはどうなのでしょうか。

粉吹き肌は肌の新陳代謝がスムーズに行かなくなり、
肌の表面に剥がれ落ちかけた角質がついたままになり、
粉が吹いたような状態の肌のことをいいます。
肌がこのような状態になる原因は主に肌の乾燥なので、
スキンケアでは化粧水などで肌をしっかりと潤いを与えて保湿するとともに、
肌を乾燥から保護するためにクリームを塗ったりすることが大切です。

kea.jpg

これに対して、オイリー肌は毛穴から皮脂が
過剰に分泌されることで肌の表面が脂っぽくなる状態をいいます。
オイリー肌になると毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、
ニキビや角栓などの肌トラブルが生じやすくなるので、
余分な皮脂を落とすクレンジングを重視したスキンケアと
皮脂の過剰分泌を抑えるための生活習慣の改善が必要となります。

このように、粉吹き肌とオイリー肌は対照的なタイプの肌なので、
スキンケア化粧品を選ぶ際などにもそれぞれ自分の肌のタイプに対応した
化粧品を使用することが重要といえるわけですが、
対照的に見える2つの肌にも共通していることがあります。
それは粉吹き肌・オイリー肌ともに食生活の乱れによって
引き起こされやすいということです。

特に、偏った食生活を続けていると、皮膚・粘膜の健康維持に必要な
ビタミンAや脂質・糖質・タンパク質の代謝に不可欠なビタミンB群が不足しやすく、
これらが不足すると肌が乾燥しやすくなったり、皮脂の分泌量が増加したりするので、
粉吹き肌やオイリー肌にお悩みの方はビタミンが豊富な緑黄色野菜などを
積極的に食べることをお勧めします。